EIDAI One for all, All for one

Q&A
Questions and Answers

Q:IT業界未経験なのですが働くことができるか心配です

約6割の社員がIT業界未経験で入社しました。 個々の基礎知識や習得度に応じて、1ヶ月~3ヶ月の社内技術講習を実施しています。また、業務によってはOJTを実施しますので、IT業界未経験者でも安心して働けます。 完全未経験者でも約1ヶ月で「ITパスポート」の資格が取得できるレベルにまで到達できます。

Q:仕事ではどのような案件がありますか?

業務を大別すると、(1)開発受託、(2)業務支援、(3)自社サービス研究開発となります。案件として分けると:

・製品サポート(ヘルプデスク)支援、カスタマイズ

・CRM、CMSの企画、開発、運用保守

・大型システムの開発

・大型システムのテスト仕様書作成、テスト業務、ソース改修

・社内システム、イントラネットの構築やこれらの保守運用(監視・改修作業)

・各種アプリケーションの企画、開発、運用保守

・AIを用いたシステム研究開発

・BPO業務のIT支援

・IT以外の業務支援(営業支援) などがあります。

比較的ロースキルで業務支援を行うものから、非常に専門性の高いスキルや十分な経験値を求められる仕事まで様々です。

Q:子育てや親の介護、急な用事などで勤務時間の調整はできますか?

子育てや親の介護など、勤務時間の調整が必要になりそうな人には、その状況をあらかじめヒアリングさせてもらい、状況に合わせて配属を決めていきます。 また、6ヶ月間継続勤務し所定労働時間の8割以上勤務した人は10日間の年次有給休暇が取得できますので、現場での状況を見ながら必要な休みを取得することができます。

Q:残業や休日出勤はありますか?

はい、業務によっては計画に沿った残業や休日出勤が発生することがあります。 近年、社会全体として働き方改革が進んでいますので、社内勤務はもちろん、お客様のプロジェクト先でも残業や休日出勤は減ってきています。 シフト勤務など、業務の特性上どうしても時間外労働が必要な場合には、時間外労働割増賃金、休日労働割増賃金、深夜労働割増賃金等の割り増し賃金が支払われます。 通常の業務では、残業や休日出勤をせず、業務時間内にしっかりと集中し業務効率化を高めていく工夫が求められています。 遊びと仕事のバランスをしっかりとっていきましょう!

Q:勉強会や研修などはありますか?

入社後、社内技術講習が実施されます。 IT業界未経験者は100%、経験者は希望者に対して実施されます。 かなりのIT実務経験者でない限り、入社直後からすぐに業務に就くことはまずありませんので、 会社としての実施する社内技術講習と業務時間内での自主学習によってITスキルを高めてもらえます。 さらに、社内のコミュニケーションツール上では、社内勤務、社外勤務関係なく、社員同士によって技術的な情報共有が行われ、困った時も支え合う環境が整っています。 詳しくは「社内技術講習」ページをご覧ください。

Q:取得したほうがいい資格はありますか?

資格取得の本質は2点あります。

1)資格取得に向けた学習の過程で知識を得ることができる

2)資格取得により対外的に自分の知識を表現することができる

です。IT未経験者であれば「ITパスポート」取得に向けた学習をすると、IT系の話が出てきても用語がある程度は理解できますので、 コミュニケーションがより円滑にとれるようになります。ただし、このITパスポートはITエンジニアとしてはほとんど評価されません。 ITエンジニアを希望している人であれば、この次のステップにある「基本情報技術者」の資格までは就業後1年以内に取得する目標を立てるとよいと思います。

英代では、「ITパスポート」と「基本情報技術者」の資格を取得すると、規定の給与に対し月に1万2千円の資格手当が追加されますので、まずは、この資格取得を狙い頑張ってもらいたいと思います。 時々「C言語」、「Java」、「Python」、「PHP」などのプログラミング言語を先に習得しようとする人がいますが、ITの世界は幅が広いだけでなく、厄介なことにすべての分野がつながっているため、 基礎をおざなりにして特定の言語を先に習得することは、遠回りな道である、ということを理解して欲しいと思います。 慌てず基礎固めの資格取得からはじめます。