home EIDAI map EIDAI inquiry

共生の社会実現を推進する "Innovative Leader"

NBS

IT事業

AP事業

会社情報

採用情報

お問合せ

IT事業

CMS開発

MASAMUNE

サーバー

実績

サポート

CMS開発

CMS開発

特徴(1)"必要な機能を必要なだけ開発。ムダのない完全オリジナル"

弊社が開発するCMSの特徴はお客様の要望により機能が開発される点です。 「日曜日にWEBサイト更新が必要だが、日曜は休暇で…」という担当者には「コンテンツ自動公開機能」を開発&実装し、 休日出勤の労力や人件費を削減させます。 「商品購入から1週間後にメールを配信したい」という要望には、購入から1週間後にメールが自動配信される機能を実装しマーケティングをサポートします。 「管理関係全員にシステムを理解して欲しい」という要望には、公開予定のCMSと同じ操作画面を構築し、トレーニング用で使用することもあります。 このようにお客様が求める内容そのものを機能化する作業、それが弊社のCMS開発です。 ですから、弊社のCMS開発には「機能一覧○×」のような表が存在しない、すべてが必要な機能のCMSとなります。

特徴(2)"お客様の貴重なデータを堅固に守ります"

[1] 独自APIでセキュリティリスクを軽減

弊社の「MASAMUNE」を利用したCMS開発においてAPIは公開しておりません。 APIが公開しているオープンソース系のCMSでは、APIからの攻撃のリスクが存在するため、 独自APIを開発に利用することでセキュリティリスクを軽減することができます。

[2] アクセス元IP制限で外部からの脅威を軽減

弊社開発のCMSでは、Webアプリケーション側、DB側ともにアクセス元IP制限が簡単に設定できます。 これにより、ブルートフォース攻撃などの外部からのアタックを未然に防ぐことができ、 外部からの脅威を抑えることができます。

[3] セキュリティパッチ問題から脱却

「バージョンUP」とは機能向上よりもむしろセキュリティーパッチの発行です。 ほとんどの場合がプログラムに脆弱性やセキュリティホールなどが発見され、 それらの問題を修正するためにプログラムが発行されているのです。 CMSはデータベースとの連動システムですから、バージョンUPをおろそかにしていると、 重要なDB内の顧客情報はまず間違いなく流出の危険を負うことになります。 セキュリティーパッチをあてない理由として、お客様が保守メンテナンスを許可しないケースと、 技術者が必要性に気づいていながら行わないケースがあります。 技術者のケースはカスタマイズされたシステムにパッチが効かないために手の打ちようがない、 という理由が多いようです。
最悪のケースは、オープンソースのプロジェクト活動自体が尻すぼみになり、 セキュリティーパッチが発行されなくなることです。 実はこのようなオープンソースのプロジェクトは数多く見受けられます。 こうなるとシステム自体を総入れ替えするしか方法がありません。 世界中のエンジニアが善意で開発しているため、このような事態を責めることはできず、 すべて導入する側の判断にかかってきます。
独自に開発されるCMSでは、セキュリティーパッチを考えたカスタマイズの制限はなく、 利用者や開発関係者が少ないため攻撃される対象に。 またプロジェクトの活動に左右されることもありません。 独自開発のCMSシステムは安心、安全のシステムと言えるでしょう。

特徴(3)"工数&費用を抑えます"

特に、開発工数が制限されている場合、弊社CMSはその威力を発揮します。 Webアプリケーション側のHTMLテンプレート、 整備されたAPI群、 連携プログラム(オブジェクト)のラインナップ 、DB(MASAMUNE)の構築特性。 独自開発のCMSでありながら、システム開発に必要なそれぞれのフェーズで、 効率的なツールや開発パーツが整備されています。 主な利用言語であるPHPの"言語メリット"も加味し、スピーディーな開発とコスト低減の実現化を果たしています。

代表挨拶

代表挨拶

全く違った価値観にこそ意味や価値を見出し、一人ひとりが輝く社会。 人や組織や宗教や国家という概念で反目の戦いをするのではなく、 もうひとつ高い次元で、手を取り合うために自分の内にある情動と戦う社会。 私たち一人ひとりの視野を高くすることで、共に学び、共に成長する共生の社会は実現できます。

ビジョン

ビジョン

英代は「共生の社会実現を推進する "Innovative Leader"」を目指します。

ミッション

ミッション

「共生に基づいた事業」と「共生を推進する公益性の高い社会事業」でお客様や社会に貢献します。

会社概要

会社概要

英代は1999年創業、2004年設立の会社です。資本金は1,200万円。 事業は「NBS」、「IT事業」、「AP事業」。特にWEB系PHPを使ったCMS開発やシステム保守事業が得意分野です。

NBS

NBS(ニュービジネスサロン)は、"One for all, all for one" の理念の下、職業や肩書き、業界や企業規模、国境、宗教など、 あらゆる境界線(Border)を超えた企業人の交流や活動によって、他を蹴落としていく競争の社会ではなく、共に活かし活かされる「共生の社会」の実現を目指し活動しています。 英代株式会社はNBSの発起企業であり、NBSの運営事務局を担当しています。

NBS

NBS活動

NBSイベント

IT事業

IT事業ではWEB系システム開発、特にCMS(コンテンツマネジメントシステム)のスクラッチ開発が得意分野です。 この他、サーバーレンタル、DBミドルウェア「MASAMUNE®」(ASP)業務を展開しています。 また「NBS」メンバー企業を中心に100を越えるIT系企業とのアライアンスを推進。 お客様からの様々なIT課題に対し「最適の解決提案」を行います。

IT事業

CMS構築

サーバー

MASAMUNE

開発実績

サポート

AP事業

AP(アプリケーション)事業では、 特定のユーザー向けにアプリケーションを開発し提供します。 2016年は、小学生・中学生向けの「家庭学習習慣化ツール・KAO」をリリースしました。 家庭学習の時間、成績、保護者とのコミュニケーション、時間計測だけでなく、 目標の設定や目標を達成するためのアクションプラン設定、アクションプランの進捗や成果のすべてが数値化・グラフ化されます。

AP事業

家庭学習習慣化ツール・KAO

コアパートナー

アクセスネット

アドバンス

アトラスコンピュータ

アンカーネットワークサービス

エスピック

シャンテリー

テクノブレスト

ノア

Copyright(C) EIDAI, Inc. All Rights Reserved.